読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼルダの伝説をゼルダる

リアルレベル40手前にして伝説に挑戦

スカイウォードソード 天望の神殿〜オルディオン火山

初ダンジョン
「天望の神殿」
初ダンジョンにしては、なかなかの歯ごたえ
前回の「リンクの冒険」の様なモブの強さで難易度を上げてるのではなく
しっかりゼルダ色を出しつつ、wiiの良さを活かして面白さをプラスしてる感じがありありとわかります

特に謎解きは、頭を捻らないと解らなくなっていて面白い!!

リモコンプラスを存分に活用しないと答えは出ませんよ

筆者も悩みに悩んで、やっとの事で回答を出していきました

ヒントは「目を回す」です
筆者が、この回答に辿り着くまでに要した時間は1日半ですww
ダンジョンを出たり入ったりを繰り返し
全く無駄な時間を過ごしており、無駄に素材が集まりましたよ(・Д・)
うむ、「下手糞」(о´∀`о)

ダンジョンの序盤も序盤ですw

次に、つまずいたのは
モブ「スタルチュラ」なる蜘蛛のモンスに悪戦苦闘
はたくとブラブラしてリンクに体当たりし結構なダメージをくらいます
骸骨柄の背中は固く一切の攻撃が効きません
どうやってひっくり返せばいいのかわからず、剣を振り回すと、ブランコの要領で吹っ飛ばされて何度乙った事か
今回写真を撮り忘れたのでこれでご勘弁を

天望の神殿アイテムは
「ビートル」
クワガタ型の機械で、発射するとリモコンで自由に操作して、アイテムをとったり紐を切ったりもできます
近未来型アイテムですね❤︎
またもや写真撮り忘れたのでコチラ・・・

何とか先に進みボス戦

魔族長「ギラヒム」
某有名声優 中尾隆◯さん

筆者にはフリーザにしか聞こえないです♪( ´θ`)
お付きのドリア頭のアイツを探してしまいましたよ
「やっておしまいなさいドドリ◯さん♩」

ギラさんとのバトルも手応えバッチリ
攻略法が見出せず、剣をブンブン振り回してはやられていました
(スタルチュラの時と同じですw)

討伐成功するとおきまりのアレでっせ旦那

その奥に進むとゼルダたんは、旅立った後でした
残念(*_*)

スカイウォードをバシッとして

手に入れた石版をスカイロフトにハメて、次の冒険の地に出発です
次回はゼルダたんに会えるのでしょうか?!

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

スカイウォードソード 大空〜フィローネの森〜展望の神殿

今回から始まります
ゼルダの伝説 スカイウォードソード

前回の記事でオープニングの説明はしたので、詳細は端折ります

大空から旅立った、おかっぱりリンクは封印の地に降り立ちます
ここで操作馴れと今回のゲーム仕様練習も兼ねて色々説明してもらいます
ひとしきりのチュートリアルの中で筆者が思った事
wiiリモコンをフル活用したゼルダって感じです

四苦八苦しながらもイベントを進めて次なる土地に進出

封印の神殿
そしてそこに何年座って待っていたのか
しわくちゃ婆さん

怪しげなオババと、ひとしきり談笑したら次の土地「フィロールの森」へ


森で偶然出くわしたゴロン族のバロンさん
めっちゃ岩っぽい体つきの種族です
筆者は大好きな種族なんですが、今回はいきなり虐められてましたw
勿論「浦島太郎」の様に助けてあげます
なんて心優しい、おかっぱりリンクでしょう!!
バロンさんお礼に100ルピーほど下さい・・・

バロンさんとの談笑も終わったので、森の奥深くへ進行

すると「キュイ族」なる、未知の種族に出くわしました
可愛いですね❤︎
ビビリな種族で隠れたり逃げ回ったり、探すのに一苦労しました
仲間に無事を伝へて欲しいとの事だったので、森の先へと進みます

そこで衝撃の展開に

長老でか!!!
可愛さのカケラもありません

ゼルダの行った先を知っているけど思い出せないと、言いながら仲間を3人探してくれたら思い出すかも・・・
とか、何とか言ってますが?
体良くリンクをパシリにしたいだけですね

ゼルダの居場所を聞いたら
真っ二つに切って、スプーンでほじって美味しく食ってやります(о´∀`о)

その後、無事パシリを終了させて(また、森の中が結構入り組んでいて迷いに迷いました)長老の元へ

「パチンコ」をゲット

基本アイテムが手に入ったら、それを使って先に進む事が「ゼルダの伝説」鉄則です

神殿天井にあるクリスタルをピシャっとやると扉が開いて内部へ

スカイウォードソードダンジョン突入です

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

スカイウォードソード

「ふしぎの木ノ実」と迷いましたが
今回は、今現在据え置き機の最新作
スカイウォードソード」をplayする事に致しました
筆者wiiを所有しておりませんでしたので、購入しました

地元の中古ショップで掘り出し物を購入
wii版のゼルダは必ずリモコンプラスが必須です
ノーマルwiiリモコンにプラスして使うものなんですが、こちらも同じショップで購入
全て合わせても「スカイウォードソード」よりも安価ですみました
そろそろwiiレトロゲームの仲間いりなんでしょうか??

空に浮かぶ浮島スカイロフト。そこでは人々がロフトバードと言われる巨大な鳥にまたがり、自由に空を飛んで平和に暮らしていた。このスカイロフトの騎士学校で騎士を目指す青年リンクは、上級学年への昇進試験を兼ねた「鳥乗りの儀」に参加する。

儀式は優勝すれば女神様役である幼馴染のゼルダから大切なプレゼントが貰え、憧れの騎士への過程となる大事な日であった。多少トラブルもあったが儀式も無事に終了し、リンクはゼルダと共にロフトバードで試験後の気分転換に空の散歩を楽しむことにする。ところが飛行中に黒い竜巻が突如2人を襲い、激しい暴風にリンクはロフトバードと共に飛ばされ、ゼルダは竜巻に飲まれ雲海の下へと消えていった。竜巻に飛ばされ薄れゆく意識の中でリンクは自分に呼びかける謎の声を聞く・・・

しばらくしてリンクが目覚めると、そこはスカイロフトの騎士学校にある自室であった。ゼルダ父親であり騎士学校の校長ゲポラに黒い竜巻がゼルダを飲み込んだ事を告げると、古の伝承とゼルダが残した言葉を照らし合わせ、二人はまだゼルダが生きているという希望を見出す。 一方リンクはその夜、校内に現れた謎の人物に導かれるようにスカイロフトにある女神像の元へ足を踏み入れる。女神像の中に入るとそこには石の台座に突き立てられた一振りの剣があった。

リンクを導いた謎の人物はこの剣の精霊「ファイ」。ファイはリンクに女神から授かった大いなる使命が、ゼルダを見つけ出す道に繋がると告げ旅立つ事を促す。ゼルダを見つけ出す望みと古の伝承がリンクの事であったと確信したゲポラは、旅支度にと今年の騎士見習いの制服である「緑色の服」と「三角帽子」を贈る。女神からの贈り物「女神の剣」を手に、未だスカイロフトの住人が足を踏み入れた事の無い雲の下の大地へと、ゼルダを探すためのリンクの冒険が始まる・・・
(Wikipedia抜粋)









と、まあ
Wikipediaの内容の写真はこんな感じですかね

ゼルダ歴の中でも今回のお話は、ゼルダ創世記の物語
シリーズ十数作品の中で最も古いお話だそうです

マスターソード
ゼルダ
ハイラル
トライフォース

この辺が出来上がるのが今回のお話でわかるんでしょうかね(・Д・)
今から楽しみでなりません

兎にも角にも、wiiでの試遊は初
そして据え置き機なので、目を盗みながらの難しさが一番の難点でしょうかねw

複雑な思いと期待を膨らましながら
次回
スカイウォードソード
スタートです

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

リンクの冒険 終幕

何度も何度も言いますが
リンクの冒険
超高難度ゲームを、ゲームスキルの低い
下手の横好き筆者が、クリア出来るとは思いもよりませんでした( ;∀;)

一重に閲覧していただける事をモチベに、諦めずに頑張って来れたからだと思っています
皆さん本当にありがとうございました

無事終わったので、筆者の独断と偏見で総評したいと思います

ゼルダの伝説歴史の中で
前作「ゼルダの伝説1」と
今作「リンクの冒険」は
「初代ゼルダ姫の悲劇」と題目が付いている様です
その悲劇を、たった一人で解放解決した勇者が少年リンク
これだけ聞いたとしても、リンクの凄さが
お判りいただけましたでしょうか?

そんな壮大なストーリーを駆け足で体験出来る
やっぱりゲームって面白いですね(*´∀`*)

さて本題
難易度は言わずもがな最高難度

それを言わしめてるのが、確実にモブの回避スキルの高さに他なりません
いやらしい距離を保ちながらの攻撃
盾持ちモブの完全防御
どんなに上下に攻撃を散らしても防御されてしまいます
特に「青タートナック」
ソードビームを撃ちながら
盾でガードされて
距離までとられたら
リンクに勝利する事は皆無(おかっぱりリンクはですがw)
10時間近くプレイして、ただの一度も倒せなかったモブでした
(レボナックは除外)

ゲームシステム
今回は本当にゼルダの中では異色作品です
横スクロール
マップのモブシンボル
Levelの導入
残機の概念

筆者の中ではゼルダの伝説とは呼べないのではないかと思えるくらいでした
ゼルダの要素を少し加えた別のゲーム
そんな感じです(・Д・)

ストーリー
ん〜
前回よりは多少の作り込みはあると思われるくらいですね
Wikiなどで色々調べた上で、進めていかないとチンプンカンプンな感じでした
色んなものが唐突すぎて、脳内で勝手に妄想しながら納得していくと楽しいかもです

総合評価
口すっぱくですが、良くも悪くも
難しいゲームです
今のARPGでは、もの足りない!!
そんな猛者にはオススメ
その一言に限ると思います

難易度
☆☆☆☆☆
ストーリー
☆☆
ゲームシステム

謎解き

総合評価

ゼルダとしての面白さを求めるなら別に本作をやる必要はない!!
とは、言いませんが
筆者は胸を張ってオススメ出来るとも言えない感じでした
暇があり、興味のある方はトライしてみるのも良いと思います

あくまでも筆者の中での評価になりますので、気分を害された方は申し訳ございません

リンクの冒険記事はこれにて終了となります

次回作はどれにしようか悩み中ですが、楽しみに、お待ちいただけると筆者も俄然やる気が湧いてきます
では、また次回作でお会いしましょう
お付き合い本当にありがとうございました

ランキングに参加しています
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

リンクの冒険 大神殿〜エンディング

誰もが認める高難度ゲーム
リンクの冒険
やっとの思い出辿りつきました
ラストダンジョン
筆者のゲームスキルでココまで来れるとは思っていませんでしたが、人間やれば出来るもんです


大神殿に向かう道すがらも
モブの猛攻はいっそう激しく、何より防御力Maxの状態でもハートを結構もっていかれます

前回の記事でも述べましたが、穴を飛び越えてる最中に雑魚と激突からの落下
慎重に、かつスピーディーに!!
大神殿までの道中をクリアにボロボロで満身創痍だと、本番大神殿は到底クリアは難しい

そこで筆者は考えました
LevelがMaxの8で全てのスキルをコンプすると
次のupからは残機が増えていくシステムを利用して、残機数を増やして行く戦法をとりました
全部で8機まで増やしたところで結局心が折れてしまい、その状態での突入

大神殿到着時には、残り3機まで減っていました
「下手糞!!!」
そんな声が聞こえそうですねww

大神殿の封印を、今までのクリスタルで全て解除し、いざ突入

流石ラストダンジョン
モブの猛攻猛襲は想像を絶する酷さ
迷宮の様なダンジョンは、困難を極めました
必死すぎて写真は忘れました(´-`).。oO

やっとの思い出ボス部屋に到着した時には
筆者自身の体力も激減
それでももう直ぐ初代ゼルダ姫との秘め事を・・・
た、助ける為に最後の力を振り絞るのです

こいつが
「ギャーギャー」
鳴いてた張本人

怪鳥って事は鳥ですね
今年は酉年なので縁起物です

な〜んて生易しい相手ではありません
ネタバレ防止に、チョット抵抗してみたのが、写真撮影の時に暗くしてみる
安直な考えで精一杯です(・Д・)

撃破は「シール○とジャ○プと○ンダー」
これを使い挑むと少しは攻略の糸口が見えてきます
皆様、ご自身で体験される事をオススメします

さあ、これで本当に最後のラストバトル

ラスボスは、ご自身の目で確認されて下さいね

ヒントは何時も自分にくっついてるモノマネ師

こいつの強さは半端ではなく
攻略法方は
「パターンにはめる」
です

そして感動のエンディング

勇気のトライフォースを掲げ
初代ゼルダ姫の眠りを覚ますのです

げげげ!!!

今回は英語で話し始めるゼルダ
チンプンカンプン一休さん
筆者恥ずかしながら生まれてこの方
英語は5段階評価で1しか取ったことありません

読めるわけないです( ;∀;)

それでも必死に考えてみました
ハイラルを救ってくれた、あなたは本当の英雄です。」
こんな感じでしょうか??
本当の訳お分かりの方いらっしゃいましたら教えて欲しいですm(_ _)m

この後、良い子は見てはいけない展開が待っています
それこそご自身の手で、それを掴み取って下さい

リンクの冒険
おかっぱり試遊これにてクリアとなりました
次回は恒例の総評
最後まで見てくださった方々
本当にありがとうございました
また次回作でお会いしましょう

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

リンクの冒険 カストの街〜第6神殿

最初にお詫びを
今記事は写真少なです
筆者、撮り忘れ多発でした

第5神殿を後に次の街へと進みます

隠れ街とあって、まぁ見つからない( *`ω´)

一日中探し回りましたが見つからず、ゲーム自体を投げてしまおうかと思いましたが、困った時の「Google先生

なるほどね!!
って、感じで即発見
ヒントは「ハンマーなのに斧の代わりもするんだね(*´∀`*)」です

街の看板にも「隠れ街カスト」って書かれてました
隠してるんなら看板いらんだろ!?
っと、率直な疑問は置いておいて先に進みましょう

恒例のマジシャンに魔法を教えてもらいます
「スペル」の魔法
イマイチ使いどころがわかりませんでしたが、
先ほど先生についでに教えてもらった使い道があった事に気がついて


○使い道の不明な魔法で有名な「パルプンテ」ですが、実際に使用するのって覚えたての時にネタで1・2回使う程度ですよね
ラスボスで使う猛者を一人だけ知ってますが
「時間が逆戻りする」が発生してしまい、戦闘開始まで戻されていました
最後の一撃近くまで追い込んでおいて
「そりゃねえよ!(・Д・)」
って、叫んでいたのを思い出しますねw

何とも便利アイテムGet

カギの扉を開けまくれる
「マジカルキー」
今回はライオンの頭がついてないのは残念すぎます

この街を後に
カスト(廃墟)へ向かい
最強魔法を手に入れます

「サンダー」
雷最強説
実際に証明してくれたのは「ゴットエネル」と言う人物でした
主人公補正がなければ決して勝てなかった相手
今現在の新世界でも最強クラスのキャラである事は間違いないと思われます
「スカイピア・空島編」
の評価は低いですが、筆者は大好きな話です
冒険ドキワクが止まらなかったお話でした
特に、シャンドラ過去の話は涙無しで見れません
名台詞
「鐘を鳴らして君を待つ。またいつか必ず会おう!!親友よ!!!」
色々あった上での、この男の友情が
たまらなく心に響きます
脱線失礼しました

さて、ゼルダと言えば
ピーヒャラピーヒャラ

第6神殿お目見えです

酷い難易度です
モブの猛襲もさる事ながら
今までのボス達が雑魚として再登場

忌まわしき
レボナック再来

火力が増えてる分
攻撃回数は少なくて済みますが、やっぱり泥仕合になってしまいました

そしてボス戦

首長竜です
頭の位置が高いのと火炎攻撃の範囲が長いので
攻略法はあれですぜ旦那あれ!
週刊少年誌発行部数一番のあれ!!

そんでもって最後の封印も解除です

残すは大神殿のトライフォースのみ

次回長かった戦いも最終局面
お楽しみに

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

リンクの冒険 第4神殿〜第5神殿

第4神殿
メインモブに魔法使いみたいなのがわんさか出てきます
扇状ビームの方は姿を消して攻撃してきます
筆者は逃げの一手でしたが、ソードでの攻撃も効かない気がしました
もう1匹は火炎攻撃主体の魔法使い
中々の攻撃力です

モブは身体に触れると打撃を喰らうのに、リンクに触れられてもモブにダメージが入らないのは不公平だと思います
難易度が高いゲームほど思って仕方ないのです
視聴者の皆様も思ったことないですか?

特に穴が空いてる場所でジャンプしたら空中で
雑魚に当たり、穴に真っ逆さま
「あるある!」
忍者竜剣○と言うレトロゲームは最終ステージに、この症状が多発するトラウマゲーである

今回神殿アイテムは
「マジックブーツ」

水の上を歩けるアイテム
右足が沈む前に左足を前に出し、左足が沈む前に右足を出す。その要領で水面を走る方法なのでしょうね(・Д・)
昔TVでゴザを水に浮かべてその上を走ってる人は見た事ありますけど・・・

ボス戦

デカイ魔法使い
こいつもワープしながらビーム攻撃してきます
攻略法がわからないまま残機を減らしていきました
閃く筆者
ビームは跳ね返すものなのです
ノロノロビームも跳ね返して勝利をもぎ取りましたものね
予想的中で勝利

4個目の封印解除です

その足で第5神殿へ

大体は、前の神殿で手に入れたアイテムを使うと行ける場所と相場は決まってます

ここもスルースルーでガンガン進めて行くことがコツですね
筆者の記憶にあまり残っていないので、そんなに難しくはなかったのかなww

どっかで見たことのあるボス戦

今回は兜がフラフラ飛び回ってきますがガン無視
前回同様↓でボッコボコにしてやんよ!!です

5個目の封印も解除完了

ラストスパート

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ