読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼルダの伝説をゼルダる

リアルレベル40手前にして伝説に挑戦

スカイウォードソード エンディング

ラストスパート

前回拉致されてしまったゼルダたんを追いかけ
またまた、過去の世界に来たおかっぱリンク

ギラさんは封印されてしまったご主人様を再度復活させる為
まだ封印の完成されていない過去での復活を目論んだようです
ゼルダたんを生贄にし「ふういんされしもの」
を、呼び戻す儀式の準備中
颯爽と登場する、おかっぱリンク
「カッコ良い」ですな〜(*´ω`*)

ボコブリンが、わんさか出てくるんですが
無双ゲームのように
バッタバッタ!!殿様バッタ
と、倒しながら進んでいきます

最終決戦前に体力を消耗しないように
ハートの管理を考えながら前進
ギラさんの前に到着後
ギラさんが第2形態に変身

ギラさんとの乱戦
流石、相手も必死
今までのギラさんとは比べものにならない強さで襲いかかってきます
なかなかの泥仕合の結果
やっとの事で勝利をもぎ取ります
(薬二個も使ってしまいました)

やられたにもかかわらずニヤつくギラさん

戦ってる時間に儀式は完成してしまっていました(´⊙ω⊙`)

悶絶するゼルダたん







「はあ(//∇//)はあ(//∇//)」






おっと、失礼いたしました
あまりの身悶えかたに、筆者も身悶えてしまいました

儀式は完成し
封印されし者の完全復活

いよいよラストバトルに突入です

ラスボスは皆さんがプレイされた時のお楽しみに取っておいて下さい

全盛期シュワちゃんの様な、ガチムチマンです
「コナンザグレート」
って洋画にシュワちゃんが主演してるんですが
見た感じそっくりですね〜

ラスボスも一筋縄ではいかない
攻略法を見つけるまでが勝負なのかもしれません

壮絶な激闘
(一方的な攻撃に晒せれてましたがw)
何とか一発クリア
薬は全て使い切り、残りハートも枯渇寸前での勝利
ゲームやってて久々にガッツポーズしてしまいました(//∇//)

ガッツポーズって皆さん知ってます?
あの有名なガッツ石松さんが試合勝利後にしたからガッツポーズという様になったそうですよ
嘘か真か筆者の耳にはそう届いております

勝利
天高く真のマスターソードを掲げ、邪悪な黒雲を飲み込み浄化


世界の平和を取り戻し帰路につく中

初めてインパに褒められました

争いのなくなった世界
後世の為にもマスターソードとのお別れの時です

同時にフェイともお別れ

そう、またいつか共に戦おう
そんなおかっぱリンクの心の声が聞こえそうな一幕でした(ToT)
涙で画面が見えません

そしてもう一つのお別れも

インパは過去の住人だったらしく
ここに残るとの事

「悲しいけど、これ戦争なのよね」

そんなスレッガーさんの名言が聞こえてきそうです

でもまた直ぐに会えると言っておりました謎はプレイされた皆様の特権として心にしまっておきます

現在に戻って来たゼルダたん御一行
地上に残ると言いだしたゼルダたんは、きっと素敵な国の女王となるでしょう

ここにハイラルの歴史がスタートするのでした

これにて
ゼルダの伝説 スカイウォードソード
終幕とあいなりました

読者の皆様
途中更新遅れや一時休止もありましたが
最後までお付き合い、ありがとうございました
無事クリアする事が出来ました

今回のゼルダの伝説
トーリーも長く、記事数も
他のものの二倍近くになってしまいました

次回はスカイウォードソード総評と評価です
もう少しお付き合いよろしくお願いします

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

スカイウォードソード トライフォース獲得

長らく更新できずにすいませんでした

リアル世界でゴタゴタしておりまして余裕と言う余裕がスッカラカンでございましたのです
愛車がトラぶって、新しいのに乗り換える事になるし、出張で名古屋に2週間飛ばされたり、
まあ、目まぐるしい日々を過ごしておりました


では、本題に入る事にいたしましょう
神々の遺産
トライフォース」を手に入れる為
大空のパズルダンジョンに挑む事に


リンクの故郷に、こんな場所があったとは

9つの部屋で構成されており
3×3スライドパズルになってます

1部屋1部屋謎解きしながら、通路を合わせて先に進んで行く形になってます

まあ、なんと言う事でしょう
このダンジョンに全てのトライフォースが安置されている模様です

トントン♫トントン♫ヒノのにとん♫

と、そんな感じに順調に進み

ほぼ詰まる事なく
伝説の神器
神々の遺産
種悪の根源
トライフォース」を、手に入れる事に成功

揃ったトライフォースに願いを込めるのですが、周囲には特に気をつけないといけません
どこからともなく豚が走りよってきて、卑猥な願い事をするかもしれませんからね

ウーロンも捨てがたいですが、やっぱり世界最高のヒヒじじい
亀仙人こと「武天老師
筆者は将来あんなお爺様になれるのが目標としております
名言
「パっ、パイパイつまませてもらえませんか!?」
100歳を、とおに超えているジジイのセリフとは思えないヒヒっぷりに感服し感動を覚えます

トライフォースに願いを!!
ゼルダたんとチョメチョメなので、長い眠りから目覚めさせて下さい」

願いは届き「空の塔」はゆっくりと地上に降りて行きます

封印の神殿に向かう、おかっぱリンク

そして、遂に

ゼルダたん復活

バドが1番騒いでおりました

揺さぶられ症候群になりそうな、おかっぱリンク
首がムチウチになりそう・・・

トンガリ婆さんと、いつの間にか親密になっている空のジャイアンww



賢い読者さんは、そろそろお気付きでしょう
こんな簡単に平和が訪れる訳もなく
4たび!?彼奴が現れるのです

ギラさん再再再再登場
しつこいな〜・・・(*´Д`*)

今回は最初っからブチ切れ状態

やっと再開でけた愛しのゼルダたんをかっさらい過去に逃避行しやがります

おい!!!ಠ_ಠ
マジでふざけんな〜

後を追うおかっぱリンクの最終決戦

次回最終回を迎えます
お楽しみに〜

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

スカイウォードソード 勇者の詩〜トライフォース獲得

クジラさんを助けると、勇者の詩を教えるのは世界に散らばった龍たちからそれぞれ詩の一節を聞いてまいれとの事

いよいよ「ドラゴンボール」ですか!!(´-ω-`)

先ずはフィローネの森から

またまたこいつを封印し直して森へ

おおっと!!

森が水没してますけどw

筆者、遠い昔に湖で溺れて溺死しかけた事があります
伯父さんに連れられ泳げもしないのに5歳の筆者はウィンドサーフィンの後ろに乗せられ、パドリングの手でかいた水にさらされながらボードの後ろで必死にしがみついていたのです
筆者は根性がなく沖に出たぐらいで力尽き、そのままボードを滑り落ち「ドボン」
叔父は気づきもせず、そのまま離れていきました
死んだと思いましたね
何とか別の人が気づいてくれて救出してもらい難を逃れましたが、当分水が怖い日々が続いた事は言わなくてもわかっていただけますよね

水龍さんはケチでして
湖に散らばった音符達を集めて来いとの事
これが結構大変でして
色んなテクニックを利用しながらやっとの思いで全て集めて戻りました

お次は火山

到着するやいなやいきなり道具全て奪われ丸裸にされたおかっぱリンク

もう散々でしたが
慌てなければ難なくクリアできるイベント

別に多くを語ることもないので・・・

炎龍さんから詩の一節Get

お次は砂漠

うわ〜
ガイルさんだ〜(°▽°)

もうこのステージはお決まりの時空石イベント

雷竜さんお歳でヨボヨボです

万能薬なるものが必要で

この種を良い土に植え時間を待てば実になるそうです
頭の良い読者さんならもうわかってらっしゃいますよね(´∀`)

「俺が万能薬になるよ〜(T ^ T)」
超名台詞を思い出されます

全て詩を揃えてクジラさんの元で勇者の歌を手に入れ

あの空の故郷で詩を歌いましょう

ラストのサイレントに突入
1番最後の割には、どのステージよりも簡単にクリア出来ました

クリアアイテムは、この赤い宝石

身近に使用できる場所がすぐ見つかるので

そろそろ大詰め
後数回で感動のラストです

ランキングに参加しました
ポチっとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

スカイウォードソード 勇者の歌集め

スキップ・スキップ・ランランラン♩

やっと
やっとの
やっとの事で、ゼルダたんに会う事が出来る様になりました
「成長した俺の姿を見てくれ!」
と、ばかりに意気揚々と封印の神殿に急ぎ到着

トンガリ婆さん興奮しております

ドドドド度!!!

え〜(;ω;)

またアイツ〜〜( *`ω´)

今回はジャイアンが新兵器で助けてくれるみたいです

相変わらず、悪悪しいフォルムで登場


今回はお手手が生えております
オタマじゃくしからカエルになる過程の

更にキモいですが
まあ、今まで死線をくぐり抜けて来た「おかっぱリンク」には、どうって事ない相手

もう一度封印完了すれば
ゼルダたんの道は開かれます

ブフふふふ♪(´ε` )

色々説明が入ります

神々が作りし万能の力
トライフォース

まあ、ドラゴン◯ールと同じですね
どんな願いも叶えてくれる代物

手に入れた暁にはあ、空に向かって大声で

「ギャルのパンチ〜!お〜くれ〜!!」

と、叫ぶのはお約束です

おかっぱリンクは選ばれし勇者

そしてゼルダたんは
「女神ハイリア」の転生した姿

やっぱり女神様でしたか!!

でも、「お助け女神事務所」に間違い電話をかけないといけなかった様な・・・
鏡から現れ、いきなり膝蹴りを喰らわせられて
くんずれほんぐれ状態になるお約束が・・・

ゼルダたんに改めて言われると
何だか照れますね(//∇//)

フェイさんが
本気のフェイさんになるのですね
ナイスバディーになるのですね
わかります

「真マスターソード
最強の武器を手に入れた

何々?
ゼルダたん??
フラグ全開でどっか行っちゃうわけ??

あああああ( *`ω´)

石になってもうた(´;ω;`)

哀愁漂う背中を見よ!!
いぶし銀だろ〜(´-ω-`)

元の世界に戻り
言われた通り故郷のスカイロフトで話を聞いて
「ナリシャ」なるものに会いに行くことに

お供え物「かぼちゃスープ」

積乱雲の中に突入

デカイクジラと遭遇

キモい寄生虫みたいなのがウヨウヨしてる

こいつがナリシャですな

アチョー!!!!
っと、やっつけるとおk

この後またもフィールド駆け回る事になるのでした

ランキングに参加しました
ポチっとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

スカイウォードソード ディンのサイレン〜古の大祭殿

マスターソードへの軌跡もいよいよ大詰め

最後の唄を覚えに再度ラピュタ

「ディンの力」を覚えて
火山にレッツラゴー

ディンのサイレンは
火山を登ったり降りたいと忙しい感じでした
前回突入した時にも結構迷って道は把握できていたせいか、なんと一発クリア

筆者、極度の方向音痴なのは前にも話したかもしれませんが、ナビを頼りに運転をしているので基本道は覚えなくても大丈夫ですw
まあ、どっかの海賊剣士よりは目的地に着く事は出来ると思いますがね♪( ´θ`)

サイレン報酬はこちら

熱いところが大丈夫になる耳飾りです

あの熱くて進めなかった奥地に進軍が出来るという事ですね

途中、虫取りに興じてしまい2時間ほど時間をロスしましたが、大量の「てんとう虫」でポーチを、いっぱいにしました
(よくよく考えると気持ち悪いですね(°_°))

その昔てんとう虫コミックってあったのをご存知でしょうか?
今でもあるかもしれませんが、代表的な漫画は
国民的未来型ネコ型ロボット漫画を初めてする

コロコロコミックでの連載漫画をコミック化したものでした
筆者オススメは「姫川明 ゼルダの伝説シリーズ」ですw
ぜひ一度手にとってお読み下さい


おお、イカしたゴロンさん再登場
ご無沙汰しております

次のダンジョンまでの謎解きは
ズバリ
「水」
ウォ〜ラァ〜(巻き舌で発音よく)
です

まあ燃えてるんで誰でも気づきますよね

またこれが結構手間がかかったのですが、先には進むことができました

今回は再登場種族の「モグマ」さん達がいっぱい出てきます

こんな爺さんとか

ぺぺって・・・
ムカついたのでシカトして野郎と思いましたが
まあ、話の流れでやっぱり助けないと駄目の様です(;ω;)

マジで口の悪いやつなので、紳士な筆者は体育館裏で鉄拳制裁・・・・





ゲフゲフ♪(´ε` )



話し合いの結果

快くアイテムを譲り受けるのでした

お前ら吊るされるの好きすぎだろ!!!
縄物のAVか・・・・



ゲフゲフ♪(´ε` )


紳士な筆者は、そう言うハードコアなのは記憶にございません
(不快に思われた方々。本当に申し訳ございませんでしたm(_ _)m)

三番目が1番間抜けな顔・・・



ゲフゲフ♪(´ε` )


愛らしいお顔をしていますね


コント集団の網目を掻い潜りボス戦へ到着

ギラさん 再々々々登場ぐらいかな?
あんたもシツコイね

今回はギラさんと直接対決

前回のアレを踏まえて
ああしてこうしてああやってこうやって
撃破!!!
(適当すぎます?大体わかりますよねw)

3個目の炎で鍛えたソードは

遂にマスターソードとなったのです

ここに伝説の「マスターソード」誕生となりました

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

スカイウォードソード ラネール砂海〜砂上船

ガイルさんとこを通り越し砂の海へ到着
ロボット船長を船に乗った時空石をしばいて動かすと、地図取ってこいのお使いイベント発生

砂の海をどうやって渡って行くのかと思いましたが
時空石船に乗り込むと、昔海だった砂海が一定の範囲だけ昔に逆戻りして、グングン進んでいけます

毎回どんなゲームをやっても船を手に入れると、ドラクエ3の事を思い出します

アレですぜ旦那
「黒胡椒」を王様に渡すと船と交換してくれる
ってヤツ
子供ながら胡椒と船交換ってww
ラーメン屋にある胡椒をガバガバかけてるおじさんを見ながら
「船何台分になるんだろう・・・」
と、思考をめぐらしていました(´ω`)

船長の家は、崖の頂上にあり
クローショットを駆使して登っていきます

こんなところを住まいにしたら絶対に不便だと思うのですが・・・

その地図を使って、今度は造船所へ
トロッコアドベンチャーです

某夢の国にある稲妻山みたいな感じになるのでしょうか?

めっちゃカッコいいゴロンさんが駅長やっておりました

このサブイベント結構難しいですよね〜
筆者はゲーム好きですが、レースゲームと恋愛アドベンチャーは、めっぽう苦手なんです
マリオカートの1番最初のステージをやっとの思いでクリアできるぐらいなんです
ひと昔前に「GT」ってゲームを後輩に借りた事ありましたが、意味不明で撃沈しておりました

言われるがままに敵のアジトに突入


記憶があやふやですが、前にこいつと戦った覚えがあるのですが・・・

次こそはダンジョン
光学迷彩を施した船

砂上船

ハリウッドで実写化される
攻殻機動隊
筆者は一応アニメ化されたシリーズは全て見ましたが、「笑い男」事件が一番のお気に入りです
あの世界は実現しそうな気がするのは筆者だけでしょうか?
実際、戦車の光学迷彩は出来上がってるとTVで見た覚えがあります
皆さん「Google先生」に、お聞きして見て下さい

今回は視点を360度駆使しないと先には進めません
勿論、時空石を活用しながらです
難易度的には、さほど難しくはないですが、謎解きに結構手間がかかるのです


アイテム弓を手に入れれば、もっと視点をぐるぐる動かして周囲を観察しましょう(@_@)

中ボス
ジャックスパロウとの対決(嘘)

直線上で端っこに追いやられたら負け、相手を端まで追いやって海に落とせば勝ち
結構ヒリヒリする試合でしたが、からくもクリア

制御室に到着すると
船が何者かに襲われて崩壊する事態に

絶対に「クラーケン」だ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

クラーケン(ノルウェー語等:Kraken)は、その多くが巨大なタコやイカのような頭足類の姿で描かれる、北欧伝承の海の怪物。

中世から近世にかけて、ノルウェー近海やアイスランド沖に出現したとされている。19世紀のアフリカ南部はアンゴラ沖に現れた海の怪物もクラーケンでなかったかと言われている。
(wikipedia抜粋)

もう船で襲われたら99%こいつですよ

・・・・・

違った(´Д` )


ボス「古代海獣 ダイダゴス

だ、そうです

ケチョンケチョンにしてやりましたよ

剣を鍛えて

女神の白刃剣となり、また一歩マスターソードに近づきました

ランキングに参加しました
ポチっとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ

スカイウォードソード ネールサイレン

お次の曲を覚えに、またラピュタに戻ってきました
今度の曲は
「ネールの叡智」

って事は、
次の目的地はラネール砂漠で決定ですね

前回と同じ事を、またラネール砂漠でもリプレイ

ネールサイレンは筆者比較で、どのサイレンステージよりも手間がかかった気がします

雫の散らばり方が広く
高低差を利用してあり、大回りしたりしないと見えてるのに取れない感じになってます
まずは、ルートの確認をする事から始めて行くのが正解なんでしょうね

ネールのサイレンをクリアすると
ゼルダの伝説のマップ踏破に欠かせないアイテム
「クローショット」が手に入ります

これで行動の幅が広がって、ほぼ全ての場所に行けるのではないでしょうか?!

フックショットでなくてクローショットなんですね
筆者の記憶では、このタイプのアイテムが初登場したのは神トラだったと思われます
クイに打ち込み川を渡った時は感動しました

このブログでも、いつか神トラがプレイ出来れば良いな〜とは思っていますが
中々、どの機種でプレイすべきなのか迷走しておる次第です
スーファミでやりたいな〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ここで勝手に豆知識のコーナー

ファミコンの正式名称は
ファミリーコンピューター」ですが
スーファミの正式名称は何か皆さんご存知ですか?
「スーパーファミリーコンピュータ」ではないのです
スーパーファミコン」なんですよw
筆者、何のきっかけか忘れましたが、スーファミのパッケージ見た時に気づいてしまったのです
そう。
パッケージには確かに「スーパーファミコン」と印字されていたはずです

ほらね(´Д` )




今回のフックショットは両手にハメるタイプのもので移動先から次の移動先に飛び移りながら移動できる感じになってます
結構カッコいい\(^ω^)/

ラネールの洞窟から砂海に向かいましょう

筆者の大好きなゴロン族に会えました

ケンブンさん
髪型、イカしてますね(´ω`)

ガイルの様です

ソニックブームのガイルですよ

あれ?
ソニックブーム」?
ソニックムーブ」?
どっちでしたっけ??

謎は深まるばかりです

ランキングに参加しました
ポチっとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ