読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼルダの伝説をゼルダる

リアルレベル40手前にして伝説に挑戦

スカイウォードソード 封印されし者

ゼルダたんから預かったハープを携え、今度は弾き方を教わりにトンガリ婆さんのところへ向かいます

道中。今回のお話で「ジャイア◯」的ポジションのバドが、邪魔ばっかりして来ます

初めての地上で大はしゃぎ「バャイアン」

「お前のものは俺のもの」発言をしてるのは無視して
トンガリ婆さんの元へ直行

ここでも絡んでますw

婆さんから
「女神の詩」を教わり、副交感神経優位状態で、心洗われていたのもつかの間

いきなり地鳴りと地響きが!!
外に出てびっくり
巨大な「いかにも悪い怪物」がお出まし

螺旋状の谷間の底に封印されていた怪物らしく
ババさまにもう一度封印してこいと言われ
嫌々ながらも一発クリア

無事封印も完了し

ゼルダたんが逃げた先に行くには剣の強化が必要との事

スカイロフトで何やかんやして進む道を探すのです(超適当)

校長から歌の歌詞を聞き、風車がキーになってる事が判明
スカイロフトには風車が二台
一方はパーツが欠損しているので、またまたお使いイベントなのです
パーツは地上の何処かに落としてしまったらしく、もし見つけても引き上げるのにどうせば良いのやら??

ここも何やかんやでジャンク屋の親父の秘蔵ロボットを修理すれば問題解決らしく

これでおk!!!

実は、オルディン火山でそれらしい物を前回見つけていたので直行

正解!!!
変態ロボを呼び出し運んでもらいます

スカイロフトに戻り
風車パーツを取り付け
どうのこうのしたら、塔で熱唱

ピカー!!!
っと、光が差し
大積乱雲の中に道が開けます

きっとアレですぜ!旦那!!
「リーテ・アトバリタ・ウルス
アリアロス・バル・ネトリール」

可哀想なロボットが動き出しますぜ旦那!!
おさげの彼女は筆者の永遠の憧れな女性です

ゼルダたんも捨てがたい・・・・・

ん〜〜(・Д・)

ランキングに参加しました
ポチッとお願いします

ゲームプレイ日記ランキングへ